Windows 10で自動学習を無効にする方法は?

自動学習は、Windowsオペレーティングシステムの最大の手書き機能の1つです。 Windowsが手書きをよりよく認識できるように、この設定を有効にしておくことをお勧めします。ただし、ユーザーがこの機能を一時的に無効にしたい場合があります。これを無効にすると、学習したすべての保存データが削除されます。したがって、保存したデータを無効にしてから元に戻すことで、保存したデータを更新することもできます。

自動学習



グループポリシーエディターは、Windows 10 HomeEditionでは使用できません。そのため、設定を変更するために使用できるレジストリメソッドが含まれています。



自動学習の無効化

これは、Windowsの初期バージョンではコントロールパネルで無効にすることができました。ただし、Windows 10のコントロールパネルでは、自動学習のオプションが削除されました。現在、このポリシーを無効にする唯一の方法は、ローカルグループポリシーエディターまたはレジストリエディターを使用することです。インクの保存量は50MB、テキスト情報の量は約5MBです。制限に達すると、古いデータが削除され、新しいデータ用のスペースが確保されます。



方法1:ローカルグループポリシーエディターを使用して自動学習を無効にする

この設定は、で簡単にアクセスできます。 ローカルグループポリシーエディター 。ローカルグループポリシーエディターは、この設定に関連する多くの情報も提供します。ユーザーは、設定をダブルクリックし、以下に示すようにトグルを変更して有効にする必要があります。

注意ローカルグループポリシーエディター Windows 10 Pro、Windows 10 Enterprise、およびWindows 10Educationエディションでのみ使用できます。別のWindows10バージョンを使用している場合は、直接ジャンプしてください 方法2

  1. を保持します ウィンドウズ キーを押して押す R 開くには 実行 ダイアログ。次に、「 gpedit.msc ボックス内の」を押して 入る 開くには ローカルグループポリシーエディター
    注意 :それが表示されている場合 UAC(ユーザーアカウント制御) プロンプトを押してから、 はい



    ローカルグループポリシーエディターを開く

  2. の左側のペインで次の場所に移動します ローカルグループポリシーエディター
    コンピューターの構成管理用テンプレートコントロールパネル地域と言語のオプション手書きのパーソナライズ

    設定への移動

  3. 「」という名前の設定をダブルクリックします 自動学習をオフにする 「。これにより別のウィンドウが開き、トグルをに変更します 有効 オプション。クリックしてください 適用/ OK ボタンをクリックして設定を保存します。

    ポリシーの有効化

  4. 自動学習は無効になります。に 有効にする トグルオプションを元に戻すだけです 構成されていません または 無効

方法2:レジストリエディタを使用して自動学習を無効にする

2番目の方法は、でレジストリ値を有効にすることです。 レジストリエディタ 。キー/値が欠落している場合があるため、これには最初の方法よりも少し多くの作業が必要です。ユーザーは、正しい手順に従って手動で作成する必要があります。レジストリエディタでの有効化と無効化は、0と1の数字で行われます。自動学習を無効にするには、以下の手順に従ってください。

  1. を開きます 実行 を押してダイアログ Windows + R 一緒にキー。ここで、「 regedit 」を押して、 入る 開くための鍵 レジストリエディタ 。選択 はい にとって UAC(ユーザーアカウント制御) 促す。

    レジストリエディタを開く

  2. の左側のペイン レジストリエディタ 、次の場所に移動してキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE  SOFTWARE  Policies  Microsoft  InputPersonalization
  3. の場合 InputPersonalization キーがまだない場合は、左側のペインを右クリックして[ 新規>キー 以下に示すオプション。

    必要なキーの作成

  4. 次に、このキーに2つの異なる値を作成します。右ペインを右クリックして、 新規> DWORD(32ビット値) オプション。値に「 RestrickImplicitTextCollection 」と「 RestrictImplicitInkCollection '。

    2つの値を作成する

  5. それらをダブルクリックしてそれぞれを開き、 データ値 に「 1 以下に示すように、両方について」。

    両方の値を有効にする

  6. これにより、レジストリエディタによる自動学習が無効になります。
タグ 手書き 読んだ2分