修正:iPhone6エラー53

iPhoneには一連の恐ろしいエラーがあります。そのうちの1つ、iTunesから復元またはアップグレードするときにエラー53が表示されますが、このエラーはおそらくiPhoneユーザーを悩ませている唯一のエラーです。エラー53の最も可能性の高い原因は、Touch ID(ホームボタン)を他の電話の元のタッチIDまたは壊れたフレックスケーブルに置き換えることです。

各ホームボタンのタッチIDセンサーは、iPhoneを区別するそれぞれのシリアル番号で暗号化されており、他のデバイスと互換性はありません。



したがって、オリジナルのアクセサリーを使用することが義務付けられています。



幸いなことに、一部のユーザーにとって、エラー53は、基本的なアクセサリi-eUSBケーブルを交換することで解決できます。



iPhoneでエラー53を防ぐには、以下の手順を順番に実行してください。

iphoneエラー53

方法1:USBポートまたはケーブルを変更する

エラー53はハードウェアの問題と密接に関連しているため、USBポートを交換することでうまくいく可能性があります。そうでない場合は、USBケーブルを別のケーブルと交換します。覚えておいてください。元のアクセサリのみを使用し、iPhoneを最新のiTunesがすでにインストールされているコンピュータに接続します。



間違いなく、これは多くのiPhoneユーザーにとってはうまくいきましたが、すべての人にとってはそうではありませんでした。

方法2:TouchIDを接続しているケーブルを交換します

この方法では、モバイル技術者のある程度の予備知識が必要です。非常に簡単なプロセスです。指示に注意深く従えば、誰でもそれを行うことができます。 iPhoneを分解することは許可されていないことに注意してください。初心者の方は、デバイスを最寄りのAppleセンターに持って行くことを強くお勧めします。修理してもらいます。

辛抱強く、次の手順に従ってください

1.iPhoneデバイスを分解します。 (iPhoneを分解するには、デバイスの下部にあるネジを緩め、カバーを外します)

ソニーDSC

2.デバイスを分解したら、ホームボタンの横にあるTouch ID(ホームボタン)を見つけます。パネルで覆われた、TouchIDをデバイスのマザーボードに接続するケーブルがあります。

エラー53-分解1

3.パネルを取り外すには、タッチの上の小さなプレートからネジを外す必要があります

4.次に、電話からTouchIDをそっと取り外します。フレックスケーブルを傷つけないように注意してください。ホームボタンの分解にはピンセットを使用することをお勧めします。

エラー53-分解2

5.これで、ホームボタンが削除されました。次に、電話の側面からネジを外すだけでパネルを取り外します。

エラー53-分解3

6.パネルを取り外したので、フレックスケーブルがパネルの端から飛び出しているのがわかります。

7.ケーブルを剥がしてパネルから外すだけです。そして、それを新しいものと交換してください。これは、一部の初心者技術者にとっては注意が必要な場合があります。その場合、あなたは単に金物屋からパネル全体を買うことができます。

8.ケーブルまたはパネルを交換したので、取り外したときとまったく同じように組み立てます。

9.側面から6本のネジを締めます。

10.次のステップでは、 `Touch IDを電話に戻し、フレックスケーブルをTouchIDに接続します。

エラー53-分解4

11.次に、小さなプレートをtouch IDに戻し、ネジを締めます。

12.すべてが完全に接続されていることを確認します。次に、電話を組み立て直します。

13.コンピュータにインストールされている最新バージョンのiTunesを使用してiPhoneを復元します。今回はエラー53が突然発生しない可能性が99%あります。

また、を表示することができます ここにビデオの説明 。

読んだ2分