修正:Canonプリンターエラー5C20を修正する手順

エラー5C20は、多くのCanonプリンター、特にMXシリーズのプリンターに関連するエラーです。エラー5C20は、ほとんどのプリンタ関連エラーと同様に、基本的にユーザーがデバイスを使用して何かを印刷することを禁止します。エラー5C20は、ユーザーが何かを印刷しようとすると、奇妙なガタガタという音を伴うことがよくあります。エラー5C20は、ほとんどの場合、ハードウェアの問題、特に、ローラーとカートリッジキャリッジを正常に移動する能力を食い物にしているプリンターのロジックボードの問題を示しています。幸いなことに、以下は、Canonプリンターを自分で修正するために自分で試すことができる3つの最も効果的な方法です。

方法1:プリンターをリセットする

プリンタをリセットすると、基本的にフラッシュメモリが消去され、デバイスがリセットされます。多くの場合、エラー5C20などのプリンタ関連の問題が発生します。ただし、Canonプリンターを電源コンセントから抜くと、そこに保存されているすべてのFAXが削除されることに注意してください。



を押します プリンタのボタンを押して、完全にオフになるのを待ちます。



エラー5c20-1



プリンタを電源コンセントから抜きます。

エラー5c20-2

30秒以上待ってから、プリンタを電源コンセントに再接続して電源を入れます。これにより、プリンタが正常にリセットされます。



方法2:プリンタのプリントヘッドを確認します

エラー5C20で何かを印刷しようとしたときにパチパチという音やガタガタという音がする場合は、プリンタのプリントヘッドに問題がある可能性があります。それが本当に原因であるかどうかを判断して、プリントヘッドのクリーニングまたは交換に進むことができるようにするには、まずプリンタの電源コンセントからプラグを抜き、次にプリンタのカバーパネルを取り外して内部にアクセスし、持ち上げる必要があります。オレンジ/グレーのレバーでインクカートリッジを持ち上げ、インクカートリッジを取り外し、プリントヘッドをチェックして問題がないか確認します。

方法3:カートリッジキャリッジを動かすベルトが所定の位置にあることを確認します

プリントヘッドに問題がないことが判明した場合、エラー5C20の背後にある原因は、カートリッジキャリッジをプリンタ内で前後に動かしてインクを用紙に放出するベルトに問題がある可能性があります。このベルトはカートリッジキャリッジのすぐ後ろにあるので、キャリッジを取り外し、懐中電灯を使用してベルトをチェックし、ベルトが所定の位置にあり、プリンタの両端でホイールから滑り落ちていないことを確認します。潤滑剤。ベルトが乾燥していると感じたら、Qティップを使用してベルトにごく少量の白いグリースをそっと塗布します。

上記の方法のいずれもエラー5C20を取り除くことができない場合は、ハードウェアに関連している可能性が高いため、エラー5C20の原因としてプリンタを修理するしかありません。最寄りのキヤノンサービスセンター(または資格のあるプリンターサービス担当者)に連絡し、プリンターを調べて修理するように予約する必要があります。

読んだ2分