PowerpointOnlineのバグによりMozillaがFirefox66のロールアウトを停止

技術 / PowerpointOnlineのバグによりMozillaがFirefox66のロールアウトを停止 1分読む

Firefoxブラウザ

Mozillaは、2019年3月19日にFirefox 66アップデートのユーザーへの展開を開始しました。その後すぐに、バグが発生しました。 Bugzillaで報告されました WebブラウザでMicrosoftのPowerPointOnlineアプリケーションを使用する際に発生する問題について説明します。この問題のため、MozillaはFirefox66のグローバルな展開を停止する必要がありました。

バグレポートは次のように説明しています。 「Office365にログインしてPowerPointを使用すると、Firefox 66(最新)(MacまたはPC)にアップグレードされたコンピューターは、入力後にボックス内のテキストが自動的に消えます。テキストボックスにテキストを追加することはできません。」 この問題がPowerPointのみに限定されているのか、他のWebサイトにもバグがあるのか​​はまだ不明です。



この特定の問題の影響を受ける人は明らかに多くはありませんが、Office 365 Onlineを使用している人のために、Mozillaは問題の回避策を発表しました。 この問題は、設定dom.keyboardevent.keypress.hack.use_legacy_keycode_and_charcode値をpowerpoint.officeapps.live.comに変更することで修正できます。



現時点では、問題の重大度がメジャーに設定され、優先度がP1として指定されているため、会社はこの問題を迅速に修正し、Firefox66の更新を再開する予定です。 Techdows 報告。



オープンソースのウェブブラウザが独立したドメインで問題に遭遇し、Mozillaがアップデートのロールアウトを停止しなければならなかったのはこれが初めてではありません。アバストアンチウイルスに問題があったため、Firefox65アップデートでも同様の状況が発生しました。

同社はFirefoxのリリースバージョンとNightlyバージョンで問題を修正したようです。修正はまもなくすべてのユーザーに提供されます。どうやら、ブロックメディアの自動再生を利用したり、開いているタブを検索したり、Firefox66がもたらすその他のいくつかの新機能やパフォーマンスパッチを利用したりするにはもう少し時間がかかります。