修正:Windows10でHamachiサービスが停止しました

LogMeIn Hamachiのユーザーの多くは、ソフトウェアを使用できないと報告しています。ほとんどの影響を受けるユーザーの場合、ソフトウェアの起動時に自己診断ポップアップが表示され、エラーは次のように識別されます。 Hamachiサービスを停止しました 。この問題は主にWindows10で発生することがありますが、Windows8で発生するという報告があります。

Hamachiエラーサービスが開始されていません



Windows 10で「HamachiServiceStopped」エラーが発生する原因は何ですか?

多くのユーザーレポートを調べて、この特定のエラーメッセージを調査しました。テストマシンで問題を再現し、影響を受けた他のユーザーが問題を解決するために展開した修復戦略を分析することに成功しました。



収集した内容に基づいて、この特定のエラーメッセージをトリガーすることが知られているいくつかの一般的な原因があります。



  • Hamachiアプリには管理者権限がありません –何らかの理由で、Hamachiアプリに管理者権限がないため、この問題が頻繁に発生します。この場合、アプリケーションを管理者権限で実行するように強制することで、エラーを解決できます。
  • Windows ManagementServiceが無効になっています – Hamachiは、Windows Management Instrumentationサービス(WMI)に大きく依存しています。このサービスが無効のままになるように構成されている場合、この特定のエラーが発生します。この場合、サービスを開始すると問題が解決するはずです。
  • ワークステーションの依存関係がありません –数人のユーザーが、昇格したコマンドプロンプトを使用してHamachiの依存関係を構成し、ワークステーションを追加した後、問題が解決したと報告しています。これは通常、ユーザーが古いバージョンのWindowsからWindows10にアップグレードした場合に発生することが報告されています。
  • LogMeInHamachiトンネリングエンジンが正しく構成されていません –サービスのスタートアップの種類が[自動]に設定されていないために、問題の発生が確認された場合があります。これは、サービス画面に移動することで非常に簡単に解決できます。
  • サードパーティのセキュリティ干渉 – LogMeInHamachiと競合することが知られている過保護AV /ファイアウォールスイートがいくつかあります。この場合、過保護スイートをアンインストールするか、Hamachiの例外を確立すると、問題が解決するはずです。
  • ログオフまたは電源の入れ直しにより、Hamachiサービスが無効になります –これは、頻繁にログオフまたは電源を入れ直す必要があるコンピューターでの一般的なシナリオです。これらのシナリオから保護するための起動タスクを作成することで、この不便を回避できます。

現在、解決する方法をお探しの場合 「Hamachiサービスが停止しました」 エラーの場合、この記事では、検証済みのトラブルシューティング手順のコレクションを提供します。次のセクションでは、同様の状況にある他のユーザーが問題を解決するために使用した可能性のある修正のリストを確認します。

プロセス全体を可能な限り効率的にするために、提示された順序で方法に従ってください。最終的には、特定のシナリオの問題を解決する修正を見つける必要があります。

方法1:管理者としてHamachiを実行する

この修正が表示されるのと同じくらい簡単ですが、多くのユーザーが回避することができました 「Hamachiサービスが停止しました」 実行可能ファイルがで実行されていることを確認するだけでエラーが発生する 管理者権限



  1. これを行うには、LogMeInHamachi実行可能ファイルを右クリックしてをクリックします。 管理者として実行

    管理者としてHamachiを実行する

  2. 起動する必要があるたびにこれを行わないようにするには、右クリックしてに移動します。 プロパティ 、次に[互換性]タブにアクセスし、に関連付けられているチェックボックスをオンにします このプログラムを管理者として実行する 。打つと 適用する 、コンピュータは管理者権限でHamachiを起動するように設定されています。

    管理者として実行するようにLogMeInHamachiを構成する

  3. この手順で問題が解決するかどうかを確認してください。そうでない場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法2:WMIサービスを有効にする

に遭遇した数人のユーザー 「Hamachiサービスが停止しました」 エラーは、それらが有効にした後にエラーが解決されたことを報告しました Windows Management Instrumentation サービス。 LogMeInHamachiはに依存していることに注意してください Windows Management Instrumentationサービス(WMI) Windowsで正しく機能するために。

Windows Management Instrumentationサービスが有効になっていて、依存関係が正しく構成されていることを確認するためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. 押す Windowsキー+ R 実行プロンプトを開きます。次に、「 services.msc 」を押して 入る 開くために サービス 画面。によって促された場合 UAC(ユーザーアカウント制御)、 [はい]をクリックして、管理者権限を付与します。

    ダイアログの実行:services.msc

  2. [サービス]画面で、 Windows Management Instrumentation 右側のペインからのサービス。 WMIサービスが表示されたら、それをダブルクリックして開きます。 プロパティ 画面。

    WMIサービスの[プロパティ]画面へのアクセス

  3. 内部 プロパティ WMIサービスの画面で、[全般]タブに移動し、 スタートアップの種類 に設定されています 自動 。そうでない場合は、ドロップダウンメニューを使用して変更します。スタートアップの種類を変更したら、サービスを開始します( 開始 ボタン)をクリックします 適用する 変更を保存します。

    Windows ManagementInstrumentationサービスの有効化

  4. サービスを有効にして、LogMeIn Hamachiを再起動し、問題が解決したかどうかを確認します。答えが「いいえ」の場合は、以下の次の方法に進みます。

方法3:依存関係を変更してワークステーションを追加する

この問題は、 Windows Management Instrumentation(WMI) サービスには、正しく機能するために必要な依存関係がありません。

WMIサービスが有効になっているが、LogMeIn Hamachiがまだ機能していない場合、一部のユーザーは、管理者特権のコマンドプロンプトからワークステーションを追加するためにいくつかの依存関係を変更した後に問題が解決したと報告しています。

これを行う方法のクイックガイドは次のとおりです。

  1. 押す Windowsキー+ R [実行]ダイアログボックスを開きます。次に、「 cmd 」を押して Ctrl + Shift + Enter 開くために 昇格したコマンドプロンプト 窓。によって促されたとき UAC(ユーザーアカウント制御) 、選択 はい 管理者権限を付与します。

    [実行]ダイアログボックスから管理者特権のコマンドプロンプトを開く

  2. 管理者特権のコマンドプロンプト内で、次のコマンドを入力するか貼り付けてEnterキーを押し、正しい依存関係を構成します。
    sc config Hamachi2Svcdepend = Winmgmt / LanmanWorkstation

    注:コマンドを入力する場合は、後にスペースがあることに注意してください ‘=’ 、ただしその前にスペースはありません。

  3. コンピュータを再起動し、次回の起動時にエラーが解決されたかどうかを確認します。

まだ発生している場合 「Hamachiサービスが停止しました」 エラーが発生した場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法4:LogMeInHamachiトンネリングサービスを設定する

影響を受けた一部のユーザーは、LogMeIn Hamachiトンネリングエンジンサービスのスタートアップの種類を自動に設定し、サービスがローカルシステムアカウントとしてログインできるようにすることで、問題を解決できたと報告しています。再起動時に、影響を受けるほとんどのユーザーが問題が解決したと報告しています。

LogMeInHamachiトンネリングサービスを設定するためのステップバイステップガイドは次のとおりです。

  1. 押す Windowsキー+ R 開くために 実行 ダイアログボックス。次に、「 services.msc 」を押して 入る 開くために サービス 画面。

    ダイアログの実行:services.msc

  2. [サービス]画面内で、サービスのリストを下にスクロールして、 LogMeInHamachiトンネリングエンジンサービス 。表示されたら、ダブルクリックします。|

    LogMeInHamachiトンネリングエンジンの場所

  3. のプロパティ画面内 LogMeInHamachiトンネリングエンジンのプロパティ 、に移動します 一般 タブを押して、 スタートアップの種類自動 ドロップダウンメニューを使用します。

    スタートアップの種類を自動に設定する

  4. に移動します ログオン タブで、を有効にします ローカルシステムアカウント に関連付けられているチェックボックスを切り替えてチェックします サービスがデスクトップと対話できるようにする 。ヒット Appy 変更を保存します。

    サービスがデスクトップと対話できるようにする

  5. ファイルエクスプローラーを使用して、 LogMeIn Hamachi インストール。デフォルトでは、次の場所で見つけることができます。 C: Program Files(x86) LogMeInHamachi。
  6. LogMeIn Hamachiフォルダー内に到着したら、右クリックします。 hamachi-2.exe と選択します プロパティ

    hamachi-2実行可能ファイルの[プロパティ]メニューへのアクセス

    注意: この実行可能ファイルは、LMIHサービスとしても機能します。

  7. 次に、に移動します セキュリティ タブを選択し、 ユーザー 下のグループ グループ名またはユーザー名 。次に、 読み取りと実行 権限が許可されます。そうでない場合は、 高度な ボタンをクリックし、それに応じて権限を変更します。

    読み取りおよび実行権限の確認

  8. LogMeIn Hamachiアプリケーションを再度起動し、同じエラーメッセージが表示されずに機能するかどうかを確認します。

それでも問題が発生する場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法5:サードパーティのセキュリティスイートをアンインストールする(該当する場合)

一部のユーザーが示唆しているように、この問題は、過保護なサードパーティのセキュリティスイートによっても引き起こされる可能性があります。同じエラーが発生した複数のユーザーから、問題が発生しなくなったことが報告されています。 サードパーティのファイアウォール/アンチウイルスをアンインストールしました

セキュリティソリューションが気に入った場合は、ファイアウォール/ウイルス対策設定で例外を設定することで競合を解決できる可能性があります(スキャンからすべてのHamachiサービスを除外)。ただし、その手順は、使用しているAVサービスによって異なります。

サードパーティのセキュリティソフトウェアを扱ったら、コンピュータを再起動して、 「Hamachiサービスが停止しました」 エラーは次回の起動時に解決されます。

それでも問題が発生する場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法6:ログオフまたは電源の入れ直しから保護するためのスタートアップタスクの作成

ソフトウェアの実行中にログオフまたは電源を入れ直すと、Hamachi(および依存)サービスが停止することはよく知られています。最も簡単な解決策は、再起動して関連するコンポーネントを再度更新することであるため、これは一部のユーザーにとって煩わしい場合があります。

ただし、プロセス全体を自動化する方法は1つあります。起動のたびに.cmdファイルを起動する自動繰り返しタスクを追加することで、セーフガード対策を確立できます。これにより、定期的な再起動の問題から解放されます。

必要なことは次のとおりです。

  1. 押す Windowsキー+ R [実行]ダイアログボックスを開きます。次に、「 メモ帳 」を押して Ctrl + Shift + Enter 新しいメモ帳ウィンドウを開くには 管理者 。によって促されたとき UAC(ユーザーアカウント制御) 、選択 はい 管理者権限を付与します。

    新しいメモ帳ウィンドウを開く

    注意: 管理者として開くのは 重要 。通常のウィンドウからの指示に従うと、この手順は機能しません。

  2. 新しく開いたメモ帳ウィンドウで、次のコマンドを正確な順序で入力します。
    net stop Hamachi2Svc net start Hamachi2Svc start'X: Filepath  LogMeIn Hamachi  hamachi-2-ui.exe 'exit

    注意: 1行3、最初の部分( * X: Filepath * )は単なるプレースホルダーです。適切なドライブ文字とパスに置き換えます。最終的に、コマンドは次のようになります。 「C: ProgramFiles(x86) Hamachi-2-ui.exe」を開始します

  3. コードを構成したら、に進みます ファイル>名前を付けて保存 。次に、 名前を付けて保存 ウィンドウで、ファイルの名前を次のように設定します HamachiStart.cmd を変更します タイプとして保存すべてのファイル 。次に、に移動します C: Windows System32 [保存]をクリックして、新しく作成したCMDファイルをSystem32フォルダーに保存します。

    hamachiCMDの保存

    注意: System32内に.cmdファイルを保存すると、後で自分で完全なファイルパスを入力する手間を省くことができます。

  4. 押す Windowsキー+ R 別のものを開くために 実行 ダイアログボックス。次に、「 タスクchd.msc 」を押して 入る 開くために タスクスケジューラ。

    [実行]ダイアログボックスからタスクスケジューラユーティリティを実行する

  5. 内部 タスクスケジューラ 、 クリック タスクを作成する 右側のメニューから。

    タスクスケジューラを使用して新しいタスクを作成する

  6. から タスクの作成 ウィンドウ、に移動します 一般 タブをクリックして、タスクの名前を設定します。好きな名前を使用してください。次に、に移動します セキュリティオプション 、ユーザーアカウントが選択されていることを確認し、に関連付けられているトグルを確認します ユーザーがログオンしているときにのみ実行する 。最後に、に関連付けられているドロップダウンメニューを使用します の構成 選択します ウィンドウズ10 リストから。

    Hamachiスタートアップタスクの設定(一般)

  7. 次に、に移動します トリガー タブをクリックし、[新規...]をクリックします。 新しいトリガー 画面で、に関連付けられているドロップダウンメニューを設定します タスクを開始します起動時 、次に確認してください 有効 画面下部のボックスがチェックされています。最後に、ヒット OK 変更を保存します。

    Hamachiスタートアップタスクの設定(トリガー)

  8. 次に、に移動します 行動 タブをクリックし、 新着… ボタン。から 新しいアクション 画面、設定 アクション (ドロップダウンメニューを使用して)プログラムを開始し、 ブラウズ に関連付けられているボタン プログラム/スクリプト (下 設定 )。次に、 C: Windows System32 、 選択する HamachiStart.cmd を押して 開いた 。最後に、ヒット OK ウィンドウを閉じます。

    Hamachiスタートアップタスクの設定(アクション)

  9. 次に、に移動します 条件 タブを押して、そこにあるすべてのチェックを外します。今、ヒット OK 変更を保存します。

    Hamachiスタートアップタスクの設定(条件)

    それでおしまい。次回の起動から、ログオフまたはPCの電源を入れ直す必要がある場合にHamachiを処理するようにコンピューターに指示します。

読んだ7分