IntelはXeDG2 GPUを再確認し、128および512実行ユニットで準備ができていると付け加えましたか?

ハードウェア / IntelはXeDG2 GPUを再確認し、128および512実行ユニットで準備ができていると付け加えましたか? 読んだ2分

インテル

Intelは、Intel Xe DG2GPUの存在を再確認したようです。同社は以前、ゲーム指向のディスクリートXe-HPGシリーズのGPUが今年登場することを示していました。したがって、同社は明らかに、自社開発の第2世代GPUの開発に深く関わっています。

インテルは 長いヒント Intel Xe DG2グラフィックスプロセッシングユニット(GPU)で。同社は定期的にどのように XeDG1またはIntelIris Xe MAX GPU はほんの始まりに過ぎず、XEDG2は同社のより強力な第2世代SKUになるでしょう。



Intelの最新のGPUドライバーは、128および512実行ユニットを備えたIntel Xe DG2GPUの2つのバリエーションに明確に言及しています。

インテルは 最新のドライバーをリリース インテルグラフィックスソリューション用。 Intelの最新のGPUドライバーはバージョン100.9126です。パッケージ内のファイルの1つに、2つのDG2デバイスIDを参照する行があります。彼らが実際に何もしないようにコメントされていますが、これらの行は基本的に、今後のIntel Xe DG2GPUの構成を確認します。



最初の行は「DG2128SKU」に言及しています。これは明らかに、128実行ユニットを備えたIntel Xe DG2GPUを指します。簡単な計算では、このGPUには1028個のシェーディングユニットがあることが示されています。同様に、別の行で「DG2512SKU」について言及しています。これは、512の実行ユニットを備えたIntel Xe DG2 GPUを指します。つまり、このGPUには4096のコアまたはシェーディングユニットがあります。

ちなみに、両方のデバイスIDは以前から知られています。インテルグラフィックスシステムファームウェアアップデートライブラリ(IGSC FUL)には、DG2(Xe-HPG)、アークティックサウンド(Xe-HP ATS)、およびポンテヴェッキオ(Xe-HPC PVC)IDが既にリストされています。



[画像クレジット:VideoCardz]

Intel Xe DG2 GPUはいつ到着しますか?

伝えられるところによると、Intel Xe DG2GPUはXe-HPGアーキテクチャに基づいています。 Intelは、これらのGPUはゲーム用であると主張しています。ただし、シェーディングユニットでは、Intelがいくつかのデモンストレーションを提供しない限り、これらのGPUの真のパワーを確認することは困難です。

先月、 DG2GPUの128EUSKUが発見されました に GeekbenchベンチマークWebサイト 。ただし、スコアは非常に低く、初期段階のエンジニアリングサンプルまたはプロトタイプであることが示されました。スコアは、EUが少ない統合Xe-LPグラフィックよりもさらに低かった。

Intelは、第2世代のIntel Xe DG2 GPUの製造を、未知のサードパーティメーカーに依存しています。同社は沈黙しているが、最も明白なサプライヤーは台湾TSMCである。さらに、専門家は、TSMCがIntel Xe-HPG DG2GPU用に6nm製造プロセスを予約した可能性があると主張しています。

Unikoのハードウェアによって投稿されたリークされたデータシートは、Intelの今後のXe DG2GPUが今後のハイエンドゲーミングノートブック用に計画されていることを示しています。これは、消費者向けのIntel Xe DG2GPUの登場の可能性についての何らかの兆候を提供する可能性があります。

IntelのTigerLake-H CPU 今年の第2四半期に到着するはずです。 Intelは、Intel Xe-HPG DG2GPUをこれらの10nmWillow CoveCoresベースのCPUにバンドルすることが期待されています。 8コア、16スレッド、ハイブーストクロック、およびXe-HPG DG2 GPUの組み合わせにより、ZEN 3ベースのAMDのCezanne-Hラインナップと比較した場合、これらのCPUはラップトップゲーマーにとって魅力的なものになるはずです。

タグ インテル