システムキューに入れられたWindowsエラー報告ファイルを削除できない問題を修正する方法

一部のユーザーは、を削除できないと報告しています システムがキューに入れられたWindowsエラー報告ファイル ディスククリーンアップを使用してスペースを解放しようとしたとき。これは大したことではないように思われるかもしれませんが、影響を受ける一部のユーザーは、このファイルのサイズが週を追うごとに大きくなり、それを取り除く明確な方法がないと報告しています。

削除できません

「システムキューのWindowsエラー報告ファイル」は削除できません



この特定の問題は、Windows 7、Windows 8、およびWindows10で報告されることがよくあります。 システムがキューに入れられたWindowsエラー報告ファイル サイズが200GBを超えると報告されました。



システムキューのWindowsエラー報告ファイルとは何ですか?

システムキューに入れられたWindowsエラーレポートファイルは、最近のすべてのWindowsバージョンのエラー報告とソリューションチェックに使用されます。それらを削除してもOSの通常の機能には影響しませんが、それらを削除すると、組み込みのトラブルシューティングツールやその他のユーティリティが正しい修復戦略を適用できなくなる可能性があります。



システムキューWindowsエラー報告ファイルの問題の原因は何ですか?

さまざまなユーザーレポートを調べて問題を再現しようとした後、この問題の出現の原因であることがしばしば確認されたいくつかのシナリオに気づきました。この奇妙な動作を引き起こしている可能性が最も高い原因のリストは次のとおりです。

  • ディスククリーンアップには管理者権限がありません –これは、ユーザーがユーティリティへの管理者アクセスを許可せずにディスククリーンアップを実行しようとしたときに発生することが知られています。
  • ディスククリーンアップユーティリティに問題があります –この特定のケースでは、ファイルの場所に移動して手動で削除するオプションがあります。
  • Windows7および8のログファイル圧縮のバグ – Windows 7には、信頼できるインストーラーログに長年のバグがあり、明らかな理由もなくハードドライブがいっぱいになる可能性があります。

システムキューに入れられたWindowsエラー報告ファイルを削除する方法

この特定の問題を解決するのに苦労している場合、この記事では、他の人が役立つと思ったいくつかの修復戦略を紹介します。以下に、同様の状況にある他のユーザーが問題を解決するために使用したメソッドのコレクションを示します。

最良の結果を得るには、最初の方法から始めて、効果がない場合は、特定のシナリオの問題の解決に成功する修正が見つかるまで、次の方法に進んでください。さぁ、始めよう!



方法1:管理者権限でディスククリーンアップを実行する

ほとんどの場合、この問題は特権の問題が原因で発生します。多くのユーザーが、管理者権限でディスククリーンアップユーティリティを開くとすぐに問題が修正されたと報告しています。

結局のところ、ユーザーが管理者アクセスを許可しない限り、ディスククリーンアップはいくつかのシステムファイルを削除できません。その方法に関するクイックガイドは次のとおりです。

  1. 押す Windowsキー+ R 開くために 実行 ダイアログボックス。次に、「 cleanmgr 」を押して Ctrl + Shift + Enter 管理者権限でディスククリーンアップを開きます。 ダイアログの実行:services.msc

    ダイアログの実行:cleanmgr

  2. によって促されたとき UAC(ユーザーアカウント制御) 、選択 はい 受け入れるために。
  3. 次に、システムキューに登録されたWindowsエラー報告ファイルを選択し、クリーンアップのスケジュールを設定します。問題なく削除できるはずです。

それでも同じ問題が発生する場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法2:ファイルを手動で削除する

最初の方法が効果的でない場合は、を削除することで運が良くなる可能性があります システムがキューに入れられたWindowsエラー報告 手動でファイル。一部のユーザーは、 システムがWindowsエラー報告ファイルをキューに入れました 手動で参照して場所から削除した後、ディスククリーンアップから移動しました。

これを行う方法のクイックガイドは次のとおりです。

  1. Windowsキー+ Rを押して、[実行]ダイアログボックスを開きます。次に、「 %ALLUSERSPROFILE% Microsoft Windows WER ReportQueue 」とヒット 入る 開くために レポートキュー フォルダ。

    ダイアログの実行:%ALLUSERSPROFILE% Microsoft Windows WER ReportQueue

    注意: このコマンドが認識されない場合は、代わりに次のコマンドを試してください。 「%USERPROFILE% AppData Local Microsoft Windows WER ReportQueue 「」

  2. このフォルダ内にサブフォルダまたはファイルが見つかった場合は、すぐに削除してごみ箱を空にしてください。
  3. マシンを再起動し、次回の起動時にディスククリーンアップユーティリティに戻ります。もう表示されないはずです システムがキューに入れられたWindowsエラー報告 削除が推奨されるファイル。

この方法が効果的でなかった場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法3:Windows7および8のログバグを解決する

Windows7およびWindows8でこの問題が発生した場合は、修正プログラムをリリースせずに、Microsoftがこのバグを数年間抱えていることを知っておく必要があります。

このバグが発生するたびに、一連のログファイルが巨大なサイズになります。しかし、さらに悪いことに、これらのログを削除しても、スペースがなくなるまで、Windowsが起動し、それらのファイルの生成を再開します(多くの場合、以前よりも積極的になります)。

幸いなことに、多くのユーザーが問題を永続的に解決するのに役立ったと思われる手動修正が1つあります。この方法では、Windows Modules Installerサービスを停止し、すべてのログの名前を変更して、Windowsが特大のログファイルを窒息させないようにします。全体のクイックガイドは次のとおりです。

  1. 押す Windowsキー+ R 開くために 実行 ダイアログボックス。次に、「 services.msc 」を押して 入る [サービス]画面を開きます。によって促された場合 UAC(ユーザーアカウント制御) 、選択 はい。

    ダイアログの実行:services.msc

  2. 内部 サービス 画面で、サービスのリストを下にスクロールして、 Windowsモジュールインストーラー サービス。そうしたら、それをダブルクリックして開きます プロパティ メニュー。
  3. プロパティメニューに入ったら、 一般 タブをクリックしてクリックします やめる をオフにするには Windowsモジュールインストーラー サービス(下 サービスステータス )。

    Windowsモジュールインストーラサービスを停止します

  4. ファイルエクスプローラーを開き、に移動します C: Windows ログ CBS
    注意:
    Windowsが別のドライブにインストールされている場合は、それに応じて場所を調整します。
  5. CBSフォルダーで、すべてのファイルを移動または名前変更します。 「.log」拡張子を保持している限り、名前を変更できます。

    すべてのログの名前を変更します

  6. によって促されたとき UAC(ユーザーアカウント制御) 、選択 はい
  7. 案内する C: Windows Temp そして、すべての「 。タクシー 」に現在存在するファイル 温度 フォルダ。
  8. コンピュータを再起動し、次回の起動時にディスククリーンアップユーティリティに戻ります。あなたはもう大きなものを見るべきではありません システムがキューに入れられたWindowsエラー報告 エントリ。

この特定の方法で問題を解決できない場合は、以下の最後の方法に進んでください。

方法4:修復インストールを実行する

上記のいずれの方法でも問題を解決できない場合は、最後の手段になります。上記の一般的な修正がすべて失敗したという事実を考えると、問題の原因は根本的なシステムファイルの破損である可能性が非常に高いです。

システムファイルの破損を修正する方法はいくつかありますが、修復インストールを実行することをお勧めします。修復インストールの方が高速で、期待どおりの結果が得られる可能性が高いためです。

修復インストールでは、Windows関連のすべてのコンポーネントが新しいコピーに置き換えられ、メディア、ドキュメント、アプリケーションなどのすべての個人ファイルを保持できます。修復インストールを行う場合は、ステップバイステップガイドに従ってください (( ここに )。

読んだ5分