方法:スリープ/スリープ解除後にパスワードを無効にする

Windowsの多くのユーザー(7/8 / 8.1および10)は、それぞれのシステムが スリープモード または ハイバネーションモード 、これは通常、wifi接続の問題が原因で発生します。このガイドの目的は、スリープ/スリープ解除後にパスワード要件を無効にすることで、ログインに関する問題を解決することです。このような場合、システムはユーザーのパスワードを認識し、再起動後にユーザーにアクセスを許可するように管理しますが、ウィンドウをスリープ状態または休止状態モードにした後、ウィンドウにログインできないことが大きな問題になる可能性があることは間違いありません。 。どうやら、この問題はWindowsの不具合が原因です。この問題はそれほど広範囲に及ぶものではありませんが、それでもかなり重大です。

このガイドでは、スリープ/スリープ解除/休止状態の後にパスワードを無効にして、パスワードの問題を完全に取り除き、システムがスリープから復帰するたびにパスワードを入力する必要がない場合にパスワードを無効にする方法を説明します。 。



電源オプションからウェイクアップ後にパスワードを無効にする

左下隅にある[スタート]ボタンをクリックして、次のように入力します 電源オプション 検索バーで、を選択します 電源オプション 表示された結果から。 (イメージはWindows 10で作成されますが、手順はWindows 8 / 8.1および7でも同じです)



Windows10のパスワードの問題



次に、タップ/クリックします プラン設定の変更; あなたが選んだ パワープラン

プラン設定の変更

次に、タップ/クリックします 詳細な電源設定を変更する 下部にあります。



開いた[電源オプション]ダイアログで、をタップします 現在利用できない設定を変更する 管理者権限をアクティブにします。の設定を行う ウェイクアップ時にパスワードが必要番号

ウェイクアップ時にパスワードが必要

タップする 適用する 。タップする OK 。これで、システムがスリープまたは休止状態から復帰した後、パスワード要件が無効になります。ただし、電源プランを変更した場合。これらはプロファイルベースであり、各電源プランが異なるため、この設定をやり直す必要があります。私のシステムでは、ハイパフォーマンスに変更するとバランスが取れています。無効にするには、同じ手順をやり直す必要があります。

1分読む